Menu

お問い合わせ

超音波ハンダ

超音波ハンダ

モータアルミ線ハンダコーティング

近年、省エネ・クリーンエネルギーの需要が高まり、特に自動車の軽量化は各メーカーの開発競争が高まっています。
中でも部品として多く使われているケーブルハーネスやモータなどは軽量化の手段として、銅線をアルミ線に置き換えることで軽量化を目指す動きが加速しています。

軽量化に適しているアルミ線ですが、伸びやすい・引っ張ると切れる・ハンダが付きにくい・電解腐食しやすいなどの問題があります。
この問題を解決する手段として、当社の超音波ハンダ付け技術を利用します。アルミ表面の強固な酸化膜を容易に除去し、ハンダが付きにくい問題を解決することができます。

アルミ素材にハンダを塗布するには、強酸系フラックスなどを用いて、表面の酸化膜を除去し、アルミ用のハンダを用いてハンダを付けることが一般的です。ただし、ここで用いたフラックスは、周辺環境にダメージを与えるだけでなく洗浄工程が必要となります。また、洗浄に残ってしまった場合には、錆を発生させるなどの悪影響を与えます。
超音波ハンダ付けでは、フラックスレスでハンダを付けることができ、洗浄工程が不要です。

現在では、扇風機のモータアルミ線の端子からげ部分の予備ハンダに、当社製品「静止型超音波ディップ槽 KDB-150」を広くご利用いただいております。

製品

  • モータアルミ線
  • IHクッキングヒータコイルアルミ線
  • 電子部品のアルミ端子

工法

超音波ディップ槽にモータアルミ線の端子部分を浸漬させ、ハンダ液中で超音波を発生させることで、キャビテーション効果によりアルミ線表面の酸化膜を除去して、ハンダを拡散結合させます。

装置

静止型超音波ディップ槽 KDB-150

製品の仕様を見る

噴流式超音波ディップ槽 ACSS-H20

製品の仕様を見る

COPYRIGHT ©2018 KURODA ELECTRIC CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ

黒田テクノ株式会社

お見積もり・お問い合わせ

閉じる