Menu

お問い合わせ

超音波ハンダ

超音波ハンダ

English

沿革

期待を超えた、確かな設備を提供する

黒田テクノは、親会社である黒田電気株式会社の一部門として、その歩みをはじめました。
“ものづくりをする商社”と評される黒田電気。
そのスピリットは黒田テクノでも受け継がれ、従来の枠にとらわれない挑戦を続けて参りました。

黒田電気創業前

1956年 黒田工業株式会社を設立して生産部門に進出。
1963年 黒田電気株式会社の塗料部と合併し、黒田化学株式会社を設立。
1977年 黒田電気との合併。

黒田電気時代

1980年 旭硝子株式会社より超音波ハンダ技術を導入。
1980年 超音波ハンダ付け装置の納入を開始。
1980年 業界初の高速チップマウンターを開発。
1982年 ハードディスクのアナログ試験機の納入を開始。
1985年 東芝との共同開発にてハンダバンプ技術の確立(実装学会にて最優秀賞受賞)。
1985~1988年 静止ハンダ超音波槽(KDB-100)の開発ならびに販売開始。
1985~1988年 NTTと光ファイバーとフェルールの接合を共同開発。
1986年 ファインボンダの開発・販売開始。
1988年 サンボンダUSM-Ⅳ型の販売開始。
1992年 太陽電池電極付け装置の納入開始。
1994年 薄膜系太陽電池の全自動機を納入開始。
1995年 ISO9001/14001認証取得。
1996年 CRT電極付け装置を納入開始。
2000年 旭硝子株式会社より、セラソルザ事業の移管。

黒田テクノとして独立

2000年 黒田電気より分離し、黒田テクノ株式会社を設立。黒田電気100%出資。資本金1億円。
2001年 特殊ハンダ セラソルザ・エコ(鉛フリーハンダ)販売開始。
2003年 ipod用HDD組立装置納入開始。
2003年 西新宿に本社部門を移転。
2003年 黒田ハイテック株式会社を吸収合併。資本金を2億円に増資。
2005年 本社部門を黒田電気(株)品川本社内に移転。
2005年 中国深センにKCA有限公司を設立。
2006年 全自動HDD組立装置納入開始。
2009年 東京都品川区より神奈川県横浜市港北区に本社を移転。
2009年 太陽電池関連事業拡大に伴い、本社敷地内に工場を増設。
2010年 太陽電池用電極材料 セラリボンの販売開始。
2011年 超音波ハンダ付け機器 サンボンダUSM-560の販売開始。
2011年 intersolar ソーラー技術専門見本市・会議(ドイツ)に出展。
2011年 PV EXPO2011 第4回国際太陽電池展 に出展。
2012年 サンボンダ5シリーズとしてUSM-540、USM-528を販売開始。

COPYRIGHT ©2018 KURODA ELECTRIC CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ

黒田テクノ株式会社

お見積もり・お問い合わせ

閉じる