Menu

お問い合わせ

超音波ハンダ

超音波ハンダ

English

最新情報

カテゴリー

年別アーカイブ

2018.10.18

40年前のガラスハンダ付け

特殊ハンダ 【セラソルザ】は今から50年以上前に、強化ガラスの扉に取っ手をつけるために、開発されました。 40年前にガラスにドアノブの固定部を、特殊ハンダ【セラソルザ】と超音波ハンダ付け器【サンボンダ】で接合したサンプルを製作しました。 弊社にその当時のサンプルがありますが、ハンダ付けした箇所は酸化して黒ずんでいますが、裏面は鏡面状態を維持したままで、当時の接合強度を保っているようです。 40年の時を経て、ガラスは経年劣化で、ところどころ欠けだしていますが、ハンダ付け部分の劣化は見た目には感じられません。

Read more

2018.08.23

超音波はんだつけの歴史

ちょっとひといき・・・。 ガラスにハンダを付ける技術は、1960年代に旭硝子株式会社で開発が始まりました。 ガラスに付くハンダとして、【セラソルザ】というハンダ材料が開発され、手法として超音波はんだ付け技術が用いられました。 超音波ハンダ付け器として、【サンボンダ】が製品化されました。 2000年に旭硝子株式会社より黒田電気に事業を移管され、弊社にて鉛フリーハンダ【セラソルザ・エコ】および超音波ハンダ付け器【サンボンダ USM-5シリーズ】を開発しました。 黒田テクノでは、50年以上の歴史を継承しながら、日々新しいチャレンジを続けています。

Read more

COPYRIGHT ©2018 KURODA ELECTRIC CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ

黒田テクノ株式会社

お見積もり・お問い合わせ

閉じる