トップページ > 技術と製品 > 静止ハンダ超音波槽 KDBシリーズ

静止ハンダ超音波槽 KDBシリーズ

概要

ハンダを溶融した槽に、超音波振動が下面(垂直)より印可されます。ガラス・セラミックス・難ハンダ付け性金属をディッピングによりハンダ付けする場合に適しています。また、ノーフラックスでハンダ付けできますので、残留フラックスの影響や洗浄工程の必要もありません。
アルミ線やセラミック基板へのハンダコート、放電管の外部電極形成など様々な用途で用いられています。

ご検討いただく際は、弊社にてサンプルをお預かりするか、あるいは御来社いただいての実験が可能です。
詳細はお気軽にお問い合わせください。

特徴

  • 被接着物をディッピングするだけで、金属はもちろんのことガラスやセラミックスなどに極めて短時間でハンダ付けが可能
  • フラックスが不要
  • 強力な接着、及び完全な封止を実現
  • 極細箇所への浸透、及び押上げ充填を必要とするハンダ付けに最適

用途

各種材料のハンダコート

  • アルミ部品
  • フェライト部品
  • ガラス部品
  • シリコンウエハー
  • セラミックス部品
  • 半導体チップ
  • 金属その他

複合材料のハンダ気密封止

  • 光ファイバ端末
  • ガラス管とリード線(リードリレー他)
  • セラミックス管とリード(センサー関連部品)

複合材料の接着貼り合わせ

  • センサー
  • 光学部品
  • 機構備品
  • 治具

仕様

仕様電源 AC100V 50/60Hz 800VA
温度 比例温度制御 常温~400℃
振動子 ボルト締めランジュバンタイプ 20KHz
発振器 周波数自動追尾 出力400W max
供給窒素ガス 必要に応じ供給 30リットル/分 max
ハンダ槽作業径 48φ(ワーク形状により選択可)
本体寸法 370(W)×530(H)×300(D)mm

ご契約から納品後までの流れ

ご契約から納品後までのフローチャートを見る

この製品についてのお問い合わせ

メールフォームのご利用は、以下の項目にご記入のうえ「送信する」ボタンを押してください。
担当者より折り返しご連絡いたします。(お問い合わせ電話番号:045-590-0078)
個人情報の取り扱いについては、こちらをご覧ください。

お名前(漢字表記) (例)黒田一郎
お名前(フリガナ) (例)クロダイチロウ
会社・団体名 (例)黒田テクノ株式会社
部署名・研究室名 (例)営業部
役職 (例)営業部長
お電話番号 (例)045-590-0078
FAX番号 (例)045-590-0078
郵便番号 ※郵便番号を入力すると住所が自動入力されます
都道府県
住所 (例) 横浜市港北区新吉田町157
メールアドレス (例)sample@kuroda-techno.com
お問い合わせ内容

このページの上部へ